タラのフェティッシュ パート1

タラのフェティッシュ、パート1:

ある晩、妻のベスが私の顔を読んでいる間に私に来て、彼女が微笑む表情をしているのを見ます。私は彼女に何が起こっているのか尋ねると、彼女はそれが何でもないと私に言います。私はそれが何もないと知っていて、豆をこぼすために彼女を突く。

「蜂蜜に来なさい。何かおもしろい。取引は何ですか?

「今日、タラが学校にいる間にタラの部屋で少し拾っていて、何か見つけました」

タラは私たちの13歳の娘です。彼女は明るく幸せな若い女の子だが、最近は思春期に入ってから一握りになった。彼女にはジェスという名前の友人がいるので、何度か煙のにおいがしたので、私はすぐに明らかだと思いました。

「何.。彼女は自分の部屋にタバコを隠しているの?

「いや、そんなものはない。まあ、私も知りませんが、私はそこにあなたの20代からあなたのワークアウトの写真のカップルを見つけました。

私は20代に戻って1日おきにジムでエクササイズをしていました。私はその時ベスと付き合っていました。私たちはジムでお互いに会っていたので、私たちは意気投合した。私はベスにワークアウトショートパンツをはいた私のワークアウトの進行を写真に撮って欲しい。だから、私は写真でかなりリッピングされました。私はベスが精巧になるのを待った。

「彼らは彼女のベッドの前で彼女の引き出しの中にいました。

「わかったよ。

「彼女はまた、そこにバイブレーターを持っています。

「ええと、タラはバイブレーターを持っていますか?

それが私に起こるのに少し時間がかかった。私はベスを見て、彼女の顔にそれを読んだ。

「ああ、ああ、ああ、たわごと」やっと手に入れました。「彼女は私の写真に降りると思ってるの?

「それはかなり明白なようですね。ベスはにっこり笑い始める。「彼女は屋根裏部屋であなたのトランクからそれらを取らなければならなかった。

「まあ.」私は一時停止した。

私はお世辞を言った娘は、若い私が自慰行為をするのに十分熱いと思っている。私はまだ38歳で、私はまだ血液を流し、アクティブに保つために毎朝自宅でトレーニングをしています。私はタラがバイブレーターを持っていたのを邪魔されました。彼女はどこでバイブレーターを手に入れたの?私は彼女が友人からそれを得たに違いないと思った。

「私は思わない。私はそれについてどう感じるか分からない。あまり健康的ではないと思います」私は言った。

妻は目立った笑顔を見て、頭を傾けて向きを変える。
「分からない。彼女はパパの体に熱いのを手に入れたのはかわいいと思う。やっぱり君は見た目だね」

ベスは私の手から本をノックし、私の場所を失って、私の腕を横切って置いた。

ベスは続けて、今、私をからかうつもりでした。私も彼女の日記を見つけました。

「ああ、ベス、そうじゃなかったの!?私はベスの胃をつまんだ。「本当にそうじゃなかったのね?

「何.。彼女のベッドサイドテーブルでそのものを見つけた後;どうして彼女の最近のエントリーを覗くことができませんでしたか?

「信じられない」私は彼女を見捨てた。

「ああ、ああ、あなたも持っているだろう。彼女が何を知りたくないのか?

「そうじゃない」私は彼女を切り捨てった。「彼女は知っていたらおかしくなった。それは、他の日記を読まない女の子のコードか何かのようなものだと思いました。

ベスはそれについて考えた。「それはおそらくすべての人に当てはまります。しかし、私は本当に注意して、私はそれを見つけたとおりに戻しました。

その夜、私はベッドに横たわっていた。タラが私について書いたかもしれないものを私に食べた。彼女が問題を押し付けなかったので、ベスはそれに満ちていると思ったが、疑いは私の心をくすぐった。私はそれを手放すつもりはなかった。

翌朝は水曜日で、タラが学校に休み来するのを待ってから、ベスと一緒に帰りました。私たちは窓の近くの小さな朝食エリアでコーヒーを飲んでいた。日差しが地域を満たしていて、暖かかった。

「今日は何をするつもりですか。私はベスに尋ねた。

「食料品の買い物に行かなくちゃいけないといけないし、新しいランニングシューズが必要なんだ」

私はしばらく待った。

「彼女の日記を本当に覗いたの?

ベスはコーヒーを一口飲みく頃に立ち止まった。
「ああ、今は迷惑ですね」

「まあ、私は何であるかを意味します。それは私が知っておくべきことなのでしょうか?

「いや、何でもない」ベスは居心地が良くて、直立した。
彼女は私をからかっていました。

私は笑った。「今朝は悪質だね」

「いや、君の言う通りだった。彼女の日記を見るのは私は不公平だった。彼女は成長している若い女の子です。女の子のもので、知らない方がいいと思うよ」

特にベスが知っていて、私に言いたくなかったので、私は本当に今知りたかったのです。ベスが買い物に行くのを待ってから、タラの寝室に向かい、彼女の散らかった部屋を注意深くスキャンして日記を見た。何を探しているのかさえ分からなかった。娘のベッドサイドテーブルの引き出しを開けた。私は内容全体を見るためにほとんどすべての方法を引っ張り、後ろには顔の布で包まれたバイブレーターの尾端があり、私はまた、私のワークアウトでより深刻だったときから様々なポーズで私の6枚の写真のコレクションを見つけました。私は彼らを通して親指を通して、私は13歳の女の子が私のために熱くなる理由、またはその問題のための任意の女性を見ることができます。私は死んだセクシーなスタッドだった!

私は写真を返し、バイブレーターを拾った。明らかな考えがすぐに頭をよぎり、私は装置と顔の布を嗅いだ。娘のセックスのにおいがした。13歳の肥沃な猫の匂いが興奮しています。私のコックは、それは私の娘ではない、それは問題ではないと言いました。猫は猫です。私は慎重にそれを所定の場所に戻し、引き出しを閉めました。

私は周りを見回し続け、彼女の枕の下で手を走らせた時、本を感じました。私はその向きをメモし、それを削除しました。これは、クラスプのない基本的なジャーナルサイズでした。それはそれの上に多くの図面や様々なものを持っていました。私はそれを通して親指し、最後のエントリを見つけました。それは関係がなかったので、私は最終的にいくつかの言葉が飛び出すまで、私はそれを逆方向にスキャンし始めました。

「服を着ずに何とか捕まえたい。彼がシャワーか何かの時に彼らのバスルームを使用するのに十分な理由が必要です。きっと彼はまだ胃の筋肉を持っているのでしょう」

私は確かにします。聖なるたわごと、私の娘は完全に私に固定されています。彼女は私のシャツを着ずに私に会いたがっている。あはは。

私はそれらの文の少し前にジャンプバックし、これを見つけました。

「一生懸命来ました。私が彼に惹かれているのは仕しようがない。お父さんが熱いのよ」

もう読む必要はなかった。私は彼女の日記を閉じて、枕の下に戻した。たぶん今夜シャワーを浴びるだろうし、普段はそういう話はしないけど、リビングか何かで一緒にいるときは必ずベスに言うよ。タラとファックしなきゃ!あはは。これは楽しいだろう。

私は来る晩にタラをからかうことについて奇妙な興奮を感じた。私たちはみんな居間にいて、テレビを見ていた。タラは携帯電話に顔を埋めていたが、ソファの上のベスの反対側に座っていた。ベスが夕食の修理を始める直前に、私はシャワーを浴びるつもりだと言い、私は出発するために立ち上がった。

シャワーの数分後、私はタラがまだ私を待ち伏せする方法を考え出したかどうかについて興奮しました。私のコックは硬くなり、私は娘が私に自慰行為をするという考えになで始めました。タラは私の娘ですが、彼女も美しい若い女性に成長している、と彼女はすでに素敵なパーキーなおっぱいを持っています。ドアをノックする音が聞こえた。私はその可能性にびっくりした。私は私のコックを手放し、誰が入るにせよ呼びかけた。

ドアが開くと、タラが私に電話するのを聞いた。なんてこと。

「お父さん!

「はい」私は水の音を持ち越すために少し声を上げた。

シャワーのスライドガラスのドアは、その奇妙なぼかしガラスであり、あなたは多くを見ることができないが、アウトライン。

「トイレの調子が悪くて、本当におしっこしなくちゃいけないよ、お前のトイレを使ってもいいよ」

もう少しで笑いそうになったが、私はそれを抑えた。「大丈夫だよ。

私はシャワーを続け、私のコックを柔らかくさせ、タラは私のトイレを使用し続けました。もちろんトイレで彼女の声は聞こえませんでしたが、彼女の輪郭がよく見えました。彼女がトイレから起きているのと同時にシャワーを浴び終えた。それから流しの上で彼女に気づき、歯を磨き始めました。

私は部分的にドアを開けて腕を伸ばし出した。
「タオルを手渡してくれませんか?

私は彼女の一時停止を感じ、彼女はドアに向かって移動し、私は私の手にタオルを感じました。私はすぐに腰に巻き付け、左股関節に押し込んで出て行きました。私はずっとドアを開けると、彼女は私を見た。彼女の顔はブラッシングから唇の白いペーストとは対照的に赤く紅潮した。ちょうど食べようとしているところ、彼女が今ブラッシングするロジックはなかった。これがそこにいる理由だった。彼女はパンティーを着ているかどうか隠すのに十分な長さだけのピンクのTシャツを着ているように見えた。

私は彼女に微笑みかけた後、シャワーのドアを閉めるために彼女からそっとした。私が再び彼女に直面した後、彼女は鏡の方に引き返され、流しの上に身を乗り出しました。彼女の姿勢は今、シャツを乗り上げることができ、私は彼女が彼女の形のお尻を抱きしめるピンクのパンティーを着ていることがわかりました。私は興奮した。私のコックはタオルの前でしこりにふくらんでいた。

私の娘のお尻はおいしい光景でした。彼女は私が見ているのを見たかもしれないが、私もタラの目が私の胃で切り落とされているのを見た。私がシャワードアを後ろに置いて浴室のドアに向かっている場合、バスルームのレイアウトは彼女を右に置きます。流しの向かいに小さな立ち棚がある。私がトイレを出るためには、彼女と棚の間で彼女の後ろにシミーを置かなければならないだろう。そんなにきついことじゃないけど、彼女と一緒にファックして、何か考えたいことがあった。

私は彼女の近くに歩いて行ったが、まだ彼女を通り過ぎていないので、反射して彼女を見た。

「それで、トイレはどうしたの?私は彼女の肩に寄りかかっていると言った。

タラは流しに唾を吐き出した。「トイレはこんなことをしている。水でいっぱいで、洗い流しません。もう一度やってみたらあふれかえるのが怖かったです」

「ああ」私はうなずいた。「見てみよう」

「ありがとう、パパ」

私が彼女の後ろを通り過ぎ始めると、彼女は私を見た。私は右手を彼女の右股関節に置き、彼女の後ろに横に踏み込んだ。タラは奇妙な驚いた顔をしたが、ブラッシングを続けた。その地位はぎこちなく見え、後ろから彼女を取り付けることができたような気がした。私は彼女の後ろにシミを見ながら、タオルブラシの後ろの男らしさの膨らみを娘のお尻に厳しくさせました。二人ともそれが何なのか分かっていたので、私は彼女に微笑んだ。私はそれを正直な間違いとして却下した。左手でドアに手を伸ばし、タラの背中の小さい方をシャツに引きずり込み、左のお尻のほおをかすかに引き離した。彼女は反省を通して私から目を奪うことはなかった。私はバスルームのドアを開けたままにして、それはマスターベッドルームに入ります。タラは、彼女が望むなら、私たちをスパイするために私たちに鏡をすることができます。私は彼女がそこにいなかったかのように彼女の方を見て無視した。私はクローゼットに足を踏み入れる前にタオルを取り外し、見えなくなった。娘が見ていれば、私のお尻を見た可能性は十分にあります。

久しぶりにショートパンツとバンドTシャツ(ナインインチネイルズ)を着ました。それからすぐに短いホールを出て、彼女の寝室の向かいの彼女のバスルームに行きました。トイレにトイレの紙が押し込まれたくて、利口な女の子がいた。水は今頃はほとんど水が流れていた。私はトイレを流し、再び満杯になるのを待ち、その後、私は急降下し、もう一度適切に洗い流しました。

私は居間に戻り、途中で夕食の匂いがした。事態は正常だった。

夕食は素晴らしかったです。タラはいつものように振る舞っていたが、ベスが何かに面白がっていると言えた。タラは夕食後に寝室に引退し、私はまた、コンピュータに乗るためにマスターベッドルームに向かうために出発しました。私は彼女の寝室で一時停止している間、タラのドアに耳を置いた。彼女の音楽が流れているのが聞こえたが、かすかで、ほとんどが彼女の音楽に溺れていたが、私も話題を聞くことができた。私は娘がそこで自慰行為をしていると思った。それは私を難しくした。私は角質だった。

私は自分の部屋でコンピュータに乗って、私のディックを引き出しました。わざわざドアを閉めることさえしなかったのですが、近づいてくる人の影が見えるので、心配しませんでした。私はいくつかの十代の若者を見て、非常にひどくすぐにナットをバストしたかったが、私は最初の気分でベスを取得すると思った。私はプレカムを漏らしているポイントに自慰行為をし、その後、私はブラウザを閉じて、私の興奮したディックを私のショートパンツに戻しました。私は居間まで歩いて行き、ベスのそばに座った。彼女はテレビを見ていたが、私は気にしなかった。私は彼女にキスを始め、彼女がそれを知る前に、私は私のコックを持って、私に彼女の手を置いた。

「あなたはすでに漏れている。何をしてたの?彼女はささやいた。

「知りたくないですか」私はからかった。

ベスは居間で私を見下ろし、10分ほどで口を射精した。彼女は私から抜け出し、私の精液は彼女の口の中に上方に撃ったが、彼女は私のボールの上に私のショートパンツの中に滴り落ちた。

それはめちゃくちゃの地獄だったし、彼女は私がそんな気持ちをするのが嫌いだと知っている。

「ああ、神様、ハニー」私たちは笑った。

私は起きて、彼女は私に従った。私たちは寝室に行き、ドアを閉めた。シャツを脱いだが、く汚れたショートパンツをはいたままにしておいた。私は約40分間ベスの猫を食べ、彼女にいくつかのオーガズムを与えました。私が彼女をきちんと仕上げ終えた後、私たちは少し話をした。私は彼女に私が知っていることを話した。

「タラは彼女の部屋で自慰行為をしています。

「どうして分かるの?

「彼女は彼女の音楽を持っているが、私はまだブンブン音を聞いた。私はそれが彼女のバイブレーターだと思います。

ベスは「トイレを直しましたか」と尋ねました。

「はい。トイレットペーパーが邪魔になっていました」

「タラがそこにいるのを知っていて、今夜は何が気が狂ったのか?彼女のビーンズをブンブンと見ていたの?

私はベスも私たちの娘がパパフェチを持っているという考えにくすぐられたので、正直に言うとかなり安全だと思いました。私は巧みに面白いセリフで答えた。

「まともな近親相姦のポルを見つけるのは神が難しいです。

「えー!ベスはふざけて私の腕を平手打ちした。「変態」

私は彼女を笑い、ふざけて彼女の足にぶつぶつ言いながら、彼女のおっぱいを口で攻撃した。

私は起きて部屋から台所へ出て水を飲んだ。タラのドアはまだ閉まっていて、音楽が聞こえた。私はホールを歩いて台所に入った。タラは冷蔵庫のドアを開け、半分飲んだ水を手にしていた。私たちはお互いに気づく。彼女は赤く紅潮し、私と同じくらい驚いている。タラは夕食後に再びズボンを脱いで、ちょうどそのシャツとパンティーの中にいました。私は精液の匂いを嗅いだことに気づき、おそらく私の口の周りにベスの猫の残留物を持っています。だから私は彼女と距離を置こうとした。

私は口を覆い、台所の流しに向かう。蛇口をつけて顔を少し洗うように話す。

「おい、ベイビー、ごめんなさい、君が部屋にいたと思ってたよ」

タラは何も言わなかったが、私の状態に驚いた。私はまだ私の鼠径部の周りに浸漬した精液からしみが残っていたことは明らかでした。

「何してたの?彼女は私の状態についてはっきりと話して尋ねた。

しかし、彼女は私が答える前に私をシャットダウンしました。
「気にしないで、知りたくない」彼女は私たちの間に手を上げて冷蔵庫のドアを閉めた。

それから彼女は私をほめた。
「うわーお父さん、あなたはカットされています。どうやってそんな体調を保つの?

「私は毎朝エクササイズをします。

「本当に?じゃあ一緒に仕事ができると思う?そういう定義を取りたい」

「早すぎるかもしれませんが、早く起きられるなら気にしません。私は6時4分頃から始めます。

「ジーズ。私はええと–"

「そうは思わなかった。ハハ」と私は注入した。

「いや、やるよ。明日一緒に行ってもいいですか。

彼女はそれができないと確信していたが、できれば大丈夫だったのに。朝の運動は始めるのに素晴らしいルーチンで、彼女が興味を持ってくれてうれしいです。

「絶対に」

「お母さんはどこで一緒に運動するの?

「ああ、彼女を巻き込みたいんだけど、早くやらないんだ。私はちょうど私たちの寝室でワークアウト、彼女は私が始めるとき、すでに台所にいます。起きてそれをしたいなら、早い時間に寝なければならないでしょう。私の日課を全部見せてあげてもいいけど、学校に行く前にシャワーが欲しいのね」

「よし、はい、今夜はよく眠ります」

はい、きっと彼女はそうするでしょう。タラはほんの少し前にオーガズムのくちを持っていたと思います。私はほとんど彼女の飲料水を見たことがないので、それは面白いですが、今、彼女は水分補給を維持する理由があります。たぶん、私はより良い習慣に彼女を設定することができます。

朝が来て、私はベッドから立ち上がった。午前5時50分頃で、爪を打つことができるハードコックを持っていました。私は小便を取った後、私は単に謙虚のために私の鼠径部をカバーした青いランニングショートパンツのペアである私のワークアウトショートパンツに着替えました。彼らは私の性器に対するサポートや制限を提供しません。

私は台所に向かい、カウンターに座っている水差しをつかみ、私はおそらく12オンスを飲みました。歩き回ると勃起が失われたが、それでも一種の不可解な軽度の不安や興奮を感じた。

ベスは台所に行って彼女のことをやって、私は運動を始める準備をしていた。タラのドアが開き、彼女がトイレに行くのが聞こえた。彼女はその後、出て、マスターベッドルームに入ってきました。うわー、彼女は確かに準備ができていた。なんてこと。私は彼女が着ているもののペアを持っているとは知りませんでした。彼女は普通のタイトなタンクトップに乗っていて、私は以前に彼女のウェアを見たことがありますが、彼女はまた、実際にはパンツではなかった、タイトフィットのヨガパンツを着ていました。彼らはちょうど彼女の太ももの半分をカバーするために降りてきた。私は感銘を受けたことをはっきりさせないようにした。

「大丈夫か?お父さん?

「ええ、タラ、それは完璧です。起きてるのか驚いたよ」

「私ならできるって言ったでしょ。これはエキサイティングです。私はあなたに似てみたいです。彼女は答えた。

「ハニー、もうすごく似てるね」とお世辞を返しました。

「おかげでパパ!

私は足でエクササイズをすることから始めました。左膝に腰を下ろし、それから右に曲がる。私は彼女に私のルーチンを見せることを考えていました。しかし、彼女が私を伸ばしてコピーし始めるのを見たとき、それは私がそれを失い始めたときです。私は私の小さな女の子が彼女にめちゃくちゃしっかりと定義されたお尻を得ているのに気づかずにはいられませんでした。私のサイズは彼女を小さくし、私は私のコックが彼女のタッシーな頬を平手打ちする大きさを想像することができました。私のコックはふくらんでいた、それは私があまりにも遠くまたは低く伸びる場合、底をぶら下げるので、それはこれらのショートパンツで良いことではありません。

私はすぐに自分のやっていることを止め、腰を上げるために仰向けに寝ることにしました。私は通常、重みで足をカールしますが、ヘルパーを持っている今、私はタラが足首と足を保持したり、体重を量ったりします。

「座りましょう。そういうわけで、私はとにかくこれらの腹筋を保ちます。私は腹をたたいた。

私は彼女に私の手伝い方を教えた。
「ここでは、足を鉱山の上に置いて重く置くか、私の足首を握ることができます。上に引っ張るときは足を上げないようにするという考え方です」

「私はこれを行う方法を知っています。彼女は私に保証してくれた。「ジムで座り込みをやった」

彼女は私の足を私の上に置き、しゃがんだが、私の膝の上に手を置いた。私は座り込みを始めた。タラは何か激しい笑みを浮かんでいた。彼女は私がセットをしたように私の胃をたくさん見ていた。私はちょうどスタートとして20を行います。しかし、それはすべてくたたに行きました。彼女は目を切り落とし、私のショートパンツに気がついていた。タラが私の鼠径部にもっと注意を払い始めていることに気がついた。私の雄鶏は彼女の視点から見える可能性が高いと思った。私はその時点で唯一の#7にいました。私は立ち止まるべきだったが、私は目を閉じて、娘が私の硬化したコックを見つめている可能性が非常に高いことを無視しました。

私が20歳になぶ頃には、私のディックは脚の穴から解放され、娘に向かって興奮して脈打っていました。目を開けると、タラがヘッドライトの中でドーのように見えるのが見えた。彼女は口を少し開け、パパの勃起した男らしさに向かって目を下に切り、柔らかい心地よい視線で見ていた。

「ああ、赤ちゃん、ごめんなさい」私はそっと言った。

私は座り続け、私のディックの上に手を置いた。

「きっと健康教室はもうあったと思います。血液を流すことが多いのです」

彼女は軽い壊れた声で「大丈夫だ」ととてもそっと言った。

私は彼女にささやいた。「お母さんには言いたくないかもしれないけど」私はくすくす笑った。

私は娘が私の膝の上に手を置いている間、私は一瞬そこに座っていました。彼女はついにひどく抑えようとした恥ずかしい表情で顔を上げた。私は回避の瞬間を使って彼女の股間を見た。私がセットをしている間、彼女は濡れていた。私は心臓から体を通して熱のパルスを感じた。娘は私を欲しがっている。なんてこと。私は娘が実際に私のために濡れていることを意味し、今、私もタラのために難しいことを知っていました。何してたんだ?

私は矛盾した。私はちょうど彼女とファックしたいと思っていましたが、私は私のために私のタラの欲望に本当の感情的な情熱的な反応を持っていました。彼女は私の娘だ

「あのきつい濡れた娘の猫はどんな感じで味がするのかしら。
その考えは予想外で衝撃的だった。私はこの勃起を失わないだろう。これは間違っています。

私は彼女から離れ去った。「これは最良のアイデアではなかったかもしれないと思います。
私は立ち上がり、コックの頭を隠すためにショートパンツを巧みに下に引っ張った。

「いや、お父さん。タラは私を止めるために私の胃に手を置いた。「それは本当に、私を悩ませません。どうしようもならないのは分かってる 私はそれについてすべてを知っている。テネバウム夫人は、運動と血流について最初の数日間にそれをカバーしました。ジムの男の子はいつも大変で、健康教室も始めました」

もちろん、彼女は試してみて、大丈夫だと私に言うつもりです。タラは彼女のクリトリスパーティーのために私のディックの多くを見たいと思っています。私は角質だったので、私は彼女の状況の安心を受け入れ、当分の間、ルーチンを続けることにしました。

「さて、それでもごめんなさい。私はそれを起こさないようにしようとしますが、あなたはまだ母親にそれを言及すべきではありません。ハハ"

私は寝室のドアに歩いて行き、それを閉め、その後巧みにレバーを内側にクリックして同じ動きにロックしました。「しかし、私たちは少しプライバシーを望むかもしれません。

タラは微笑み、続けることを楽しみにしていた。「じゃあ、パパ、次は何だ?

私は上半身のようなサイクルを経て、その後、中、脚の活動を通過し、繰り返すのが好きであることを彼女に説明しました。この時点では少し順調でしたが、スクワットをする前に足を伸ばして、背中に横たわり、胸に近い位置に片足を上に折りたたむと言いました。

私たちは並んで横たわって、彼女は私を見て、コピーしました。言うまでもなく… この運動の間、私の性器全体が私の足の間に破裂し、彼女はそれを失った。タラは笑いながら転がっていて、私も笑っちゃった。私はより多くのコメディで彼女の反応を支持しようとしてコメントをしました。

「ああ、今は大きすぎて隠れていられない。もっと良いショートパンツが必要なんです」

「うん!あのお父さんが見える!彼女はまだ私のコックを見て笑っていると言った。

13歳の熱い肥沃な娘が私の勃起したコックを見つめていたことを知って、私は本当にエキサイティングでした。私は足を放して、もう一方の足のそばの床に戻らせた。私のコックは私たちの娯楽の嫌なオブジェクトとしてまっすぐ立っていたので、私は一瞬そこに横たわっていました。陰嚢の半分も露出した。タラは笑うのをやめ、より良い角度から見るために身を引いた。私は彼女の行動に非常に気づき、彼女から目をそらしたいという衝動を感じましたが、私はそうしませんでした。

「イエス、お父さん、人前で起こったときに何と面倒なのでしょう」

私はスニッカーをして答えた。「お母さんと一緒にビーチを叩くのは面白い話です。私たちは皆、あなたが6歳か7歳の時に一度ビーチに行き、この少女は今、私の足から数フィート離れた弟と一緒に砂の城を建てていたかもしれません。暑い夏で、ビーチは人々で這っていました。さて、私は休んでいて、ベスは本を読んでいて、私は暖かくてリラックスしていたので、私は勃起を取得し始めました。突然、女性が現れ、私を殴り始め、ベスは私を変態と呼んでいたので、ベスは「何だ?」 確かに、私のペニスは私のショートパンツの底を突き出していて、その女の子は、この女性が私を噛みつくようにショックを受けてそれを見つめていた。

「ああ、私の神」

「ええ、でもお母さんは椅子から飛び降りて、顔に入って、それを持たせてあげましょう。まあ、前は大変だったので、事態は良くならなかったけど、ベスが僕を守った後、今のように激しく脈打っていた」

その物語はタラの私のコックへの注意を再び活性化させた。大きかったです。大変でした。そして、それは私が今彼女と共有していたタブー交換の私のレースのハートビートに脈打っていました。

「それは公平ではないようだ」タラは私の防衛で言った。「つまり、それが起こるのを助けることはできません。彼女はあなたが何をしていると思っていましたか。

「彼女は私が女の子がそこにいることを知っていたと思ったが、私は私のペニスが露出していることを知らなかった。

「あなたのものは、あなたの興奮、または本当にいつでも望むときに、そのようになります。タラは笑い、右ひじの上に立ち上がって私と向き合った。

私は関連性を持って応答し、タラの体をより見る機会を得ました。
「ええ、女の子みたいにもっと微妙になってもいいですよ」

私はタラの胸に目を向け、彼女の乳首が彼女のタイトなトップで硬いのを見つけた。私は今、タラを親密な性的な人としてもっと見ていた。私は小さな女の子と危険なヘッドスペースに入っていました。

「私はこれを見て意味します。私は自信に満ちた方法で、さりげなく、しかし非常に前方に手を伸ばし、私は娘に手を伸ばし、「あなたの乳首は硬化している、間違いなく私の勃起を見て応答します。

私は彼女の右乳首をそっとつかんで、ピンチを与えた。
「あなたは成長している若い女性です。角質、触れ、刺激に反応します。私はあなたのお父さんですが、ペニスはまだペニスです。

タラは一時停止し、私のタッチに反応しないようにしました。私は大胆で危険な感じがしました。
「そして、あなたが私の勃起によって興奮するのは当然です。男性は、彼らが交際する準備ができていると宣伝するものであり、女性は選択を得る。

私は今、タラのボディランゲージを読んでいた。彼女は足を動かして、私は彼女の舌が唇の間を鋭く横切るのを見た。これらは微妙な反応でしたが、彼女は拡声器でそれを発表しているかもしれません。彼女は私のベテランの魅力に無力だった。タラはヨガのズボンを浸して間違いなく、抑圧された楽しみのため息をついた。

私はすぐに重い恥ずかしさを感じた。「私は彼女にこれを行うことはできません。俺はくだらないこれらは私の頭の中を駆け抜けた2つのフレーズですが、私がゆっくりと娘の胸の1つを彼女のタイトなトップを通してマッサージしたので、彼らは私のコックのシャフトをつかむのを止めませんでした。

私はこの瞬間を続けたかった。私は素晴らしいと感じ、タラの若い覚醒の反応は伝説的でした。私は彼女になぜ私に対してそんな空想を持っているのか話すことにした。

「若い頃、私たちはあなたを部屋に閉じ込めました。あなたは1歳未満で、お母さんの腕の中で母乳で育てられました。あなたのお母さんは情熱的な女性で、私はいつも彼女の周りに興奮しているので、彼女は私に手を救済し始めました。あることが別のものにつながり、彼女は私の足の間にあなたを置き、あなたのお母さんは私を落ち始めました。あなたはまだ食べ物を与えたかったので、あなたは注意のために叫び始めました。あなたのお母さんは遊び心を持って、彼女があなたの口の近くに私のペニスを置く場合に何が起こるかを見たいと思いました。それは単なる面白い好奇心として始まりました。私は角質で好奇心旺盛だったので、私は自分自身を再配置し、膝の上に立ち上がり、足首の上に休み、ベスはあなたの口に私のコックを押し下げました。もちろん、あなたはただの赤ちゃんだから、ミルクを表現したいと吸い始めました。

タラは黙って、私が早い近親相姦について彼女に話したように、私がゆっくりと私のコックをなでるのを見ていました。

「最初は笑いましたが、続けさせました。やっと笑い出すのは、口の中がひどく硬くなったからです。あなたのお母さんは、あなたが私の勃起を吸うのを見て本当に降りていました。何も出てこない時はイライラしたけど、精液を口に漏らした後に変わったのよ」

私のコックは、私の先端から下に移動する精液の明確な薄い流れを持っていました。タラは私の8"コックが私の手の中で脈打って魅了された私は彼女に自分自身について話しました。

「あなたが手を伸ばして、頭の後ろの私のペニスをつかみ、絞り始め、より多くを表現しようとしたので、それは面白かったです。お母さんに言ったのを覚えています。彼女はそれが暑いと言った。そして、それは私をオフに設定し、私は彼女に私は絶頂するつもりだと言いました。彼女はあなたを引き離してくれると本当に思っていましたが、彼女は私をより速くあなたの口になでてくれました。信じられなかった」

私は私のコックの完全な長さをなでて、私の娘が私を見て見ていました。タラが自分や私に触れ始めたかったのは分かっているが、彼女は緊張してそうではなかった。

「だから、1歳になっても、私が口の中でクライマックスするまで、あなたは私のコックを吸ったということを知っておくべきです。お母さんがおかしくなり、あなたから私のコックを引っ張るまで、あなたは驚くべき量の精液を飲み込んだ。残りはあなたの前線を撃ち落としました。そして、あなたはそれを好きだった。くすくす笑い始めました。君は絶頂していた。私はベスがあなたの体の周りに私の精子を働かるのを見て、それであなたに注意を向けます。なぜ彼女がそんなことをしたのか分からないが、それはかなりクレイジーな日だった。その後、あなたが精液を食べたのが悪いかどうかは分かりませんでした。あなたのお母さんは、赤ちゃんが精子を食べても大丈夫かどうかを調べようと、ネットのいたるところにいました。大丈夫だから、リラックスしろと言ったよ」

タラは子供の頃の話に魅了され、後で起こったことを思い出して対応しました。

「4歳の時のことを覚えていると思います。お母さんは、私の手を上下に動かしてマッサージをする方法を教えてくれました。

私は彼女がそのことを思い出したので驚いた。それは10年近く前のことです。私は彼女のためにそれを明らかにした。

「うわー、覚えてる?ええ、それは私の太ももから始まりましたが、それはより深刻になった。さて、これらの実験は、私たちがちょうどその時まで、おそらくあなたが学校を始めた頃まで、そこから進んでいました。そして、はい.。私たちは映画を見ていた夜を覚えています。ベスは私に手コキを与えてくれて、あなたは私たちと一緒にいました。あなたはお母さんがやっていたことをやりたかったので、彼女は私の足をマッサージする方法を教えてくれましたが、それは長く続かなかったので、彼女はあなたに私のコックを保持し、上下にストロークするように教えました。あなたはかなり上手に、彼女はあなたが私を精液にさせてくれるでしょう。私たちはこれを何度もやりました。お母さんはあなたの小さな手が私をぎくしゃくさせるのを見るのが大好きでした。しかし、あなたがいつか言ったことのために学校に行き始めた後、私たちはそれを止めました。授業中の課題と同じように、好きなことを言わなくちゃいけ、パパのジズを作るって言ったのね。あなたはもちろんお母さんからその言葉を受け取りました。ベスは、あなたの周りに悪い言葉をたくさん使いました。

タラは恥ずかしかった。彼女が事件を思い出しているのが見えた。私は彼女の反応に面白がった。私のコックは今かなり良い漏れていた、と私はおそらく彼女の前に行くと精液するつもりだったことに気づいた。私は8年以上やっていなかった何か。

私は続けた。「ええ、私たちのショックも想像できます。しかし、それはブランドン氏でした。あなたのお母さんと私はとにかく彼は変態だと思ったが、彼は偉大な先生だった。授業でその言語を使わない限り、彼はそれが何を意味するか気にしないと言った。私たちは確かに同意し、私たちがそれを世話すると言ったので、私たちは話をして、あなたの前で汚い話をするのをやめました。

「そういう覚えはない」タラは思い出そうとしてぼんやりと私を見つめた。彼女はまだとても緊張していた。彼女は私が何かをすると思っていたのだろう。違う 私は再び彼女の前でぎくしゃくするほど幸せです。私は彼女が最初の本当の動きをするのを待ちます。

私たちはなんとかワークアウトのルーチンを乗り切ることができました。タラは緊張していたので、私のために動かなかった。私も彼女を押しませんでした。私が恥ずかしいと思っている間、彼女は私を笑ったが、私は彼女がそれについて熱い混乱だったことを知っている。私たちが終わり、タラが掃除のために部屋を出た後、私はいくつかの書類を読んでテーブルに座っていたベスとファックするために台所に向かいました。私は不愉快で角質だったので、私は私のディックを引き出し、彼女がその時私を吸い取った場合、私はかなり迅速に精子を出すと彼女に言いました。それはベスがグープでいっぱいの口を得て幸せに終わった。

パート 1 を終了します。